宿泊約款・取消料

宿泊約款・取消料

宿泊約款

第一条(適用範囲)

当館が宿泊客との間で締結する宿泊約款及びこれに関する契約は、当約款によるものとし、この約款に定めない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとする。
当館が法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらずその特約が優先するものとする。
第二条(宿泊契約締結の拒否)

当館は次に掲げる場合において、宿泊契約に応じない場合がある。

@宿泊の申し込みが当約款によらないとき。

A宿泊しようとするものが、宿泊に関し法令の規定公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。

B宿泊客が次のイからハに該当すると認められるとき。 イ 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力 ロ 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき ハ 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの

C宿泊しようとするものが、伝染病と明らかに認められるとき。

D宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

E天災・施設の破損・設備の故障・その他やむを得ない事由により営業が出来ないとき。

第三条(宿泊客の契約解除権)

宿泊客は、事前に当館に申し出て宿泊契約を解除することが出来る。
当館は、宿泊客が無断で宿泊当日の午後8時(到着時刻があらかじめ連絡されている場合は、その時刻を2時間経過した時間)になっても到着しない場合は、その宿泊契約は宿泊客によって解除したものと見なすことが出来る。
第四条(当館の契約解除権)

当館は次に掲げる場合において、宿泊契約を解除することが出来る。

@宿泊客が、宿泊に関し法令の規定・公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたとき。

A宿泊しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。 イ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力 ロ 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき ハ 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの

B宿泊客が、伝染病と明らかに認められるとき。

C宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

D天災・施設の破損・設備の故障・その他やむを得ない事由により営業が出来ないとき。

当館が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客が未だ提供を受けていない宿泊サービス等の料金については、これを請求しない。
第五条(宿泊客の登録)

宿泊客は宿泊当日以下の事項を登録するものとする。

@宿泊客の氏名・年齢・性別・住所及び職業。

A出発日及び出発予定時刻。

Bその他法令で定める事項。

第六条(客室の使用時間)

宿泊客が、宿泊当日当館の客室を使用できる時間は、午後3時から翌朝11時までとする。但し連続して宿泊する場合においては、初日及び最終日以外の日においてはこの限りではない。
当館は特別な場合に限り、宿泊客の要望により客室の早着・延長の使用に応じることが出来る。この場合には次に掲げる料金を請求する。
一部屋一時間追加につき 3,000円(税別)
第七条(幼児施設利用料)

宿泊料金を伴わない幼児については、施設利用料として該当幼児一人につき2,000円(税別)を承ります。
第八条(当館の責任)

当館は宿泊契約及びこれに関する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えた場合において、一般慣習により合理的と認めるときは、その損害を補償する。ただし、それが当館の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではない。
当館は消防機関から適マークを受領しておりますが、万一の火災等に対処するため旅館賠償責任保険に加入しております。
第九条(預託物等の取り扱い)

宿泊客がフロント等にお預けになった物品・現金等の貴重品について、滅失・毀損等の損害を生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、15万円を限度としてその損害を賠償する。
第十条(宿泊客の手荷物及び携帯品の保管)

宿泊客の手荷物等が宿泊に先立って当館に到着した場合には、その到着時に当館が了承したときは、これを保管し、宿泊客の到着時にお渡しするものとする。
宿泊客がチェックアウトした後、宿泊客の手荷物等のお忘れ物があった場合には、その所有者が判明した場合には当館は当該所有者に連絡をするとともに、その指示を受ける。但し、当該所有者の指示がない場合又は所有者が判明しない場合には、発見日を含め7日間保管しその後最寄りの警察署に届けるものとする。
第十一条(車両保管の責任)

宿泊客が、当館の駐車所を利用する場合には、その車両のキーをフロントに預けるものとする。万一、キーを預けず駐車場を利用した場合に、当該車両に損害があったとしても当館は一切の責を負わない。
第十二条(宿泊客の責任)

宿泊客の故意又は過失により当館が損害を受けた場合には、当該宿泊客は当館に対し、損害賠償の責を負うものとする。
第十三条(料金の支払い)

宿泊客が支払うべき宿泊料金等の支払は、通貨又は当館が認めた,旅行会社発行の宿泊券・クレジットカード等とする。原則として一切の掛売は応じないものとする。
第十四条(ペット等の持ち込みの禁止)

当館では、宿泊客のペット等の動物の館内への持ち込みを禁止しております。
万一持ち込まれたお客様は、その宿泊をお断りする場合があります。
第十五条(取消料)

予約成立したお客様のお取消については、以下の通りといたします。

単位 基本宿泊金額に対する%

取消日 不泊 当日 前日 二日前 三日前 七日前 一四日前 三〇日前 六〇日前
人数
1人〜9人10080503010
10人〜29人10010080503010
30人〜59人1001008080503010
60人以上1001001008080503010
全館貸切10010010010010080503010

平成22年11月1日より摘要

|TOP |館内 |お風呂 |お部屋 |お料理 |宿泊プラン&ご予約 |アクセス |おすすめ情報 |お問合せ |